ペット供養の種類や火葬の方法を確認しよう

大切なペットが亡くなってしまった

これまで愛情を注いできたペットが他界するのはとても悲しいことです。ですが、しっかりと供養してあげるまでが、飼い主の役目です。ペットを飼われている方は、いつか必ずやってくる別れがあります。ペット供養に関する情報をまとめていくので、気になる方はご覧ください。もしもの時のために学んでおきましょう。

ペットを霊園に納骨するか自宅で保管するか

霊園の納骨する場合

ペット霊園などの納骨堂に火葬したペットの骨を納骨します。納骨には他のペットと同じ場所に入る合同納骨と、一匹だけの個別納骨があります。最近永代納骨を利用している方が徐々に増えてきています。自宅から納骨堂まで近いと、気軽に来れますが、遠いとなかなか足を運べません。

自宅で納骨する場合

自宅で納骨すると、骨壺などを置くスペースが必要になります。仏壇などを買う場合には、またスペースを取られてしまいます。ですが、毎日ペットへ手を合わせることができます。いつでもそばにいることができるというメリットがあります。

ペット供養の種類や火葬の方法を確認しよう

ペット供養

ペット火葬の種類

ペット火葬には、さまざまな種類があります。利用する火葬方法によって、料金やシステムが変わるので、それぞれの特徴を説明していきます。合同葬は、他のペットと一緒に火葬を行います。火葬したら納骨堂などに入れることで供養をします。

犬

個別葬

合同葬とは違い、自分が飼っているペットのみで火葬を行います。合同葬に比べると、少し料金が高くなりますが、他のペットと骨が混じってしまうこともないので、骨を持ち帰ることができます。そのまま業者に納骨してもらうこともできます。基本的にお骨上げは業者が行うことになっています。

猫

自宅葬

業者の移動式火葬車を自宅まで呼び、葬儀と火葬をしてもらいます。ペットの思い出の場所などで火葬を行うこともできます。ですが、業者の中には、十分な設備を備えた火葬車を持っていないこともあります。なので、利用する際は火葬車の設備がどのようになっているか確認する必要があります。

供養

葬儀業者の探し方

近所の業者を利用するのであれば、タウンページを利用してもいいでしょう。また、お世話になった動物病院に紹介してもらう場合もあります。おすすめはインターネットで探すことです。業者の情報を知ることができるからです。また、どのような火葬を行っているかなども確認できます。